近況

自分には基本的には一つのことしか出来ないという厄介な性格があって、バランスよく物事を進めていくことができません。

今はせどりにドはまりしていて、楽しくて楽しくて仕方がないです。

本日も台風で午後からの集荷が怪しかったし段ボールぬれても困るので午前中の集荷目指して朝5時起きで梱包。

何とか5箱詰めました。

先日ヤマト便140サイズを14箱出したら怒られたので反省です。

そして、せどりばかりやっていたらブログのことをすっかり忘れていました。

今日は午後からはダラダラしていて、ようやく何だかやる気が出てきたので久しぶりにパソコンに向かってブログ書いています。

前はあんなにブログに熱中していたんですけどね。

という訳で、もう掴んだ砂が指の間からサラサラとこぼれ落ちていくように僕の記憶から東北せどり遠征の記憶も消えかけているのでサッサと書いてしまおうと思います。

この東北遠征はシリーズは全4回でお伝えしています。

せどり旅 東北遠征その1
せどり旅 東北遠征その3
せどり旅 東北遠征その4

2日目宮城の松島へ

初日はウキウキして仙台駅で仕入れをして、飯食って良い気分になったってところで一つ目の記事を終えました。

その後は、レンタカーを借りに行きます。

目星をつけていた1店目は1週間も貸せる車は無いってことでお断り。ここで予約を入れるべきだったと反省。

2店舗目で幸運なことに借りることが出来ました。

マツダの昔のアクセラ。

7日間のところを8日間にサービスしてくれて料金何と22000円。

これ、めっちゃ安くないですか?

1日3000円なんで自分ご満悦。

さぁ、旅へ出発だ!!!

ここから行きたかった松島へ向かいます。

芭蕉が松島を見て、「松島や ああ松島や 松島や」

と詠った景勝地ですね。

実際にはこの句は芭蕉作ではないようですが、まぁどうでも良いです。

その道中北へ向かう道でブックオフに立ち寄りました。

枯れている店もあれば良い店もありウキウキしていまいます。

こんなものがコンプ!

この作品は映画化が決まっているので、トレンドなんです。見つけたらチェックしておくと良いですよ。
ちなみに、大阪では、4,5巻あたりがカカリなので、できればそこから集めだすと良いでしょう♪

せどり遠征の良い所は最大のライバルである自分がいないということでしょうね。

せどりというものは面白いもので、せどらーが10人いれば10通りのせどりのやり方があるんです。

僕は合同仕入れとか同行仕入れとかせどり仕入れツアーよく行くんでこれは本当です。

結構みんな知らず知らずのうちに自分のやり方を確立していて癖があるんですよね。

だから、同じ地域ばかり回っていると枯れてきて、しんどくなるんです。

そりゃ大阪みたいにせどらーが多ければ本当に他人が原因ということもあるでしょうけど、けっこう本当のライバルは自分だったりするんですよね。

だから遠征に行くと仕入れが凄くしやすいんです。これが経費をかけてまで遠征に行く理由です♪

また、そういった癖に気づくことが出来るので同行仕入れはオススメ。僕はブログなどオフィシャルでは言っていないですけど、メールくれたら同行やりますよ。遠すぎると無理かもですけど。同行が一番せどりを学ぶのに良いですしね。

話がそれました。

ブックオフ以外にも今では関西ではレアなブックマーケットもありました。近所の万博の近くのお店つぶれちゃったんですよね~。

ここはセット本のセール品が良かったです。

それから数店回って、旅館の方から「どうされました?今どのあたりですか?」

という電話がかかってきました。

「やっべ、宿にチェックインすること忘れてたー!!!!」

って感じです。

いつもその辺で車中泊したり最終店の近くのネカフェにインするだけなんですけど、今回は食事付きの旅館を予約したのを忘れていました。

店がやっぱり大阪とは違うもんで1店舗にかかる時間がいつもよりも多かったんですよね。

それで切り上げて宿へ。

もうヘトヘトです。

旅館の温泉はいって、運ばれてきた料理を食べました。

本当東北の料理はうまい。

やっぱり魚介系が段違いでした。

話をお聞きすると、その日に獲れたものを板さんが目利きで買ってきて出してくれているのだとか。

その後はふかふかのお布団で爆睡しました。

しかし、よく考えたら、この睡眠が僕が布団で寝た最後の睡眠となったのでした。

もっと味わっておけばよかった。。。

続きは第3弾で。

それでは!