Amazonの新サービス「マーケットプレイス配送サービス」はセット本せどりに朗報か?メルカリの「らくらくメルカリ便」とどっちがお得?

どうも、こんにちは。

2021年10月5日、Amazonで行われたAmazon最大のECイベントであるAmazon ECサミットにおいて新サービス「マーケットプレイス配送サービス」が発表されました。

このサービスはどのようなサービスなのか、セット本せどりにとって朗報となるのか?またメルカリのらくらくメルカリ便と比べてみてどうなのかまとめてみました。

目次

マーケットプレイス配送サービスとは?

どのようなものなの?

今回Amazonが打ち出した「マーケットプレイス配送サービス」とは、Amazonのマーケットプレイスで販売している事業者が、自己発送(自社発送)する場合にヤマト運輸の配送サービスであるネコポス、宅急便コンパクト、宅急便を特別運賃で利用できるサービスのことを言います。

このサービスはアマゾンで出品している事業者ならば誰でも特別な交渉や手続き無しに使えるサービスとなっています。

つまり特約を結ぶために営業所に行って交渉したりする必要がない訳です。

マーケットプレイス配送サービスの料金は?

気になるのはその料金ですよね。

マーケットプレイス配送サービスの料金は、前月に発送した箱の数に応じて段階的に割安になっていくようです。

前月に発送した箱の数が500以上の場合に最も安い料金になるようです。

具体的には以下の表の通りになります。

ネコポスが前月500箱以上の出荷で174円になります。

宅急便60サイズが同一地域の場合436円になります。

これはだいぶ安いのではないでしょうか?

これ以外の料金についてはまだ発表されていないので続報を待ちたいと思います。

いつからサービス開始なのか?

具体的な時期についてはまだ発表されていませんが、2021年内に提供を開始するとしています。

現在10月ですので、2021年は後3ヶ月です。割とすぐに開始されると言うことなのでしょう。

キャンペーンを実施

さらに、マーケットプレイス配送サービスが開始された時に、期間限定で500箱以上出した場合と同じ料金を適用するキャンペーンの実施を予定しているようです。

これは非常にありがたいですね。

AmazonはFBAのヤマト運輸キャリアパートナーのサービスを始める時にも15000円分のキャンペーンをやってくれたりと新サービス開始の時は何かと太っ腹です。

メルカリのらくらくメルカリ便との比較

フリマアプリのメルカリでもヤマト運輸のサービスが安く利用できる「らくらくメルカリ便」というサービスがあります。

ネコポスについては、Amazonマーケットプレイス配送サービスの最安値174円がメルカリの175円よりも1円安いが、次の201円からはメルカリの方が26円も安くなります。
174円にするには月に500箱出す必要があり、小規模の事業者にはハードルが高いかもしれません。

次に宅急便については、Amazonのマーケットプレイス配送サービスは一番高いものでも537円なので、メルカリの700円よりも随分安いです。
しかし、Amazonの方は同一地域に発送した場合の料金なので距離に応じて高くなることが予想されます。一方のメルカリは全国一律700円になります。
なので一概に比較はできません。Amazonの残りの料金について続報を待ちたいところです。

メルカリと同様に、マーケットプレイス配送サービスにも宛名書き不要、匿名配送のサービスは付加されるか?

メリカリで便利なのが宛名書きが不要で匿名配送できる点です。

Amazonの場合は量が多くなると宛名を書いたりクリックポストの入力が非常に面倒です。
また購入者からしてもアマゾンで匿名配送ができたら良いのにと思う人は多いと思います。

メルカリでは今では当たり前のように導入されているサービスで、ヤマトの方でもそういったシステムが導入されて運用されているので今後Amazonのマーケットプレイス配送サービスにもシステム的には導入することが可能だと思われます。

今はこの点については何もアナウンスがありませんが、ぜひ導入して欲しいものですね。

マーケットプレイス配送サービスとFBAの比較、セット本せどりの今後の展望

FBAとの比較

今回のマーケットプレイス配送サービスの発表は比較的大きなものを扱うセット本メインのせどらーには朗報になるかもしれません。

宅急便の値段がまだ全て分かった訳ではないのではっきりとしたことは言えないのですが今後のやり方を再検討する必要が出てくる可能性もあります。

自己発送になると宅急便やゆうパックを利用することが多くその配送料がネックでした。そのためセット本せどりメインの人はFBAを使うことが多いです。
しかし、この10月からFBA倉庫に送る格安サービスのヤマト便が廃止されたことで今後どのようにFBAと付き合っていくか考え直す必要に迫られていました。
そしてここにきてこのマーケットプレイス配送サービスの登場です。

今回のこのサービスによって配送料が抑えられるならば、無理にfbaを継続するのではなく、もっと積極的に自己発送へシフトする人も多くなるのではないでしょうか。この辺りは発送方法に柔軟性が出そうですよね。

具体的には、FBAの標準サイズでも400円から600円の発送代行手数料がかかります。下図参照。

また在庫補完手数料や倉庫までの配送料もかかります。

これらのFBA手数料を考慮すれば、今回のマーケットプレイス配送サービスの方が安くなるケースも出てくると思います。
特に60サイズの安さを考えると自己発送にシフトさせた方が安くなるセット本のリストも多くなるのではないでしょうか。
例えば10から15冊くらいの一番取り扱いが多いであろう大きさのセットがfbaから自己発送に切り変わる可能性も出てきそうです。

60サイズ2キロ以内に収まるコミックの冊数は?

それでは具体的に60サイズ2キロ以内の制限で送れるコミックの冊数はいくらになるでしょうか?

少年コミックなら14冊前後です

大人コミックなら9冊か10冊程度です。今回はドラゴン桜でした

このあたりが60サイズで送れるラインになりそうです。これ以上になると80サイズの方になるのでいくらになるか気になるところですよね。

まとめ

これまでfbaの料金アップやヤマト便の廃止などセット本せどらーにとっては望ましくないことばかりが起きていました。

しかし、まだ詳細な料金体系が出てきた訳ではないので何とも言えないのですが、上記の通りセット本せどり的には朗報になる可能性があります。

今後の続報を待ちたいと思います。

それでは。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

8年ほど本せどりやっています。セット本が得意です。
PHPやPythonで自作ツール作ってせどりするのにハマっています。

コメント

コメントする

目次
閉じる