どうも、こんにちは。いとらーです。

最近ブログがまた面白くてよく書いています。

本日は昨日届いた本棚を部屋に入れていました。

前にIKEAで買った本棚は本を詰めるとどんどん歪んできて、引っ越しの時に壊れてしまいました。

そこで、今回は簡単には壊れない頑丈なものを選びました。

金属製なので頑丈。かつ、立てたまま組み立てることが出来るので狭い部屋でも余裕で組み立てることが出来ました。また、バラして運ぶのも楽そうですし、壊れなさそう。

んで、とりあえず溢れかえっていた本を入れた状態がこれ(笑)左のやつ。

IMG_9614

全然足らん(笑)あと二つは要りますね。

クリックするとどんな本が置いてあるのか分かりますよ(笑)

これ1段に2セット置いてるんで奥にもあります。またこの後ろの壁にもあります。

この本棚コミュのメンバーさんも購入していて、すこぶる評判が良いです。

いや、しかし在庫を悪とみなしなるべく早くセットを組んで納品しようとしてるんですけど、このザマですよ。

在庫の善悪論に関しては、私は悪とみなしています。

これは、在庫の善悪論については一つの専門書も出来るくらい奥の深い物なので十把一絡げにすることはできないでしょう。

自分の使える資金や時間などによって変わるものです。

ならば、自分の立ち位置を決める。

それでいいと思いますね。

しかし、よく言われているように、

「お金でパンは買えるがパンでお金は変えない」

わけです。

ならば、資金流動性の低い本の在庫は持つべきではないと思います。
amazonやヤフオクのアカウントば停止されるリスクは誰にでもあるものです。また、自分のやっている商売が未来永劫続くものとも考えられません。
今回の地震のように天災リスクもあります。

というわけで、私は適正在庫量を見極めつつ在庫は悪であると言い続けて行くと思います。

それでは!