調子を取り戻した四国遠征!

どうも、こんにちは!

体調を崩しておりましたが少しずつ回復してきてリハビリがてら四国の方へ遠征してきました。
関西から四国へは橋を渡るので少し高速料金が高くなり積極的に行きたいとは思わないのですがリハビリを兼ねて行ってきました。
経費がかかる分良い仕入れをして取り返さないといけないと追い込んでいきます。

お昼頃出発して明石海峡大橋を渡ります。いつもこの橋を渡る時はテンションが上がります。

その後すぐに淡路SAで休憩。ここはスタバ横からの景色がとても綺麗です。

それからまた南下して徳島へ。

徳島はいつも枯れているイメージなんですけど、今回はちょっと違いました。
その違和感が忘れられず今回の遠征ではいつもと違う動きになるのでした。


岳は定番セットなので値段はいつもチェックしておくと良いですよ。

関西ではあまり見かけない「岳」の後ろです。この棚だけでもちょっと「ん?違うな・・・」なんてアンテナが反応しました。
そのため徳島はさらっと回って香川や高知に行こうと思っていたのですが、腰を据えて棚を見てました。
これが今回の遠征では功を奏しました。

初日の宿は、高松空港の近くのアパホテルを予約していたので一応香川に移動します。
夜に美馬から山越えの下道です。
その前に腹ごしらえ

山越えの道は狭くはないのですが広くもないし、霧が出てきた怖かったですね。


自分しか走っていないので車を止めてパチリ。

それから無事に高松空港のアパに到着。

ここは朝食も簡単なパンとコーヒーが付いているし、最上階の見晴らしの良い大浴場があって3500円でした!安い!

ここが安かったので2日で帰る予定が3日になってしまうのでした。

この日は前日の徳島のことが気になったのですが、予定通り香川を回って高知まで行ってきました。

今回の遠征の目的の一つである讃岐うどんも食すことができました。うまい。しかも400円くらい。

ただこの日はやっぱり体調が優れませんでした。なんだかお腹の調子も悪くあまり無理せず進んでいきます。
香川を回ってそのまま高知へ。高知は遠い割にはあまり良い感触ではありませんでした。
無駄足になってしまいましたがこればっかりは行ってみないと分かりませんよね。
ワクチンも打ってそろそろ本格的に動きたいのでとりあえず色々な地域を回ってみようという感じです。

で、二日目は普通の仕入れで終わってしまい不完全燃焼かつ徳島をきっちり見れていないのでもう一泊して仕入れを伸ばそうと思いました。
それでまた前日の徳島空港アパを予約。3500円。


このアパでは毎回この微ビールが無料でもらえました。自分はハイボールを買っていたので持って帰って飲みましたがお酒が弱い人には飲みやすいかもしれません。

で、次の日

二日目の朝も讃岐うどん。
本当美味しいです。

ここからまた山越えをして徳島へ。

午前中からしっかりと店を回っていきました。

湾岸ミッドナイトなにわ友あれは共に良い値段なのでチェック。どちらも最終巻付近がないと集めるのに苦労するかまたは仕入れ値が上がってしまうので注意。

途中このような赤ラックに出会ったのですが、値札が貼っていなかったので店員さんに買ってもいいかお聞きしたらOKをもらえたのでカゴに入れて行っていたら後ろから店長さんみたいな人がいきなり「それは売り物じゃない!!!!!」みたいなえらい剣幕で怒鳴られたので、ビクッとなってしまいました。
「それはすみませんでした。戻しますね。」と言って全て戻したのですが、一応、「購入していいか、あの店員さん聞いたら良いというお返事をいただいたのですが」言うと黙ってしまいました。
赤ラックは店内に出ていても販売前の時もありますし、気になったらまずは店員さんにお聞きして許可を得るべきで、無理なら無理にやらないのもポイントなのですが、今回はもう少し言い方ってものがあるんじゃないかなと思いました。
許可をくれた店員さんも「すみません、すみません」と何度も謝っていて、こちらが申し訳ない気分になりました。

さて、気を取り直して、また仕入れを進めていきました。

徳島は中華そばも美味しいですよね。

それで久しぶりに車がいっぱいになるまで仕入れました。2年ぶりくらいじゃないでしょうか。
帰りは車が重くてアクセルを踏んでも進みが悪い。この感覚も久しぶりです。
仕入れが充実すると気分も良くなりますよね。

と言うわけで前回の山陰遠征からこの四国遠征と行くことで段々と調子が戻ってきました。
初日は調子も悪かった体調も最終日は元気になってました。

そんな感じでせどりはいい感じに回り出しています。

それでは!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

8年ほど本せどりやっています。セット本が得意です。
PHPやPythonで自作ツール作ってせどりするのにハマっています。

コメント

コメントする

目次
閉じる