古い本がどんどん市場からなくなっていってる気がする。

久しぶりに仕入れへ

どうも、こんにちは。いとらーです。

ようやく動けるようになってきて、今日夕方から少しだけ仕入れに行ってきました。

ですが、ずっと立っているとしんどくなってきて集中力が切れてしまいますね。
まだまだ完全回復とまではいかない様です。

で、仕入れの方はというととても良かったですね。

例えば、

これとか。最後らへんは本当見かけないのでありがたいですよね。

後は、1400円→12000円のレトロコミックなども仕入れました。

トータルで3万円ほどは利益出ているんじゃないかなと思います。夕方から21時までにしては上出来。
関西が枯れているのはライバル同士で取り合っているからであって回転はそんなに悪いわけではないですからね。
だいぶ関西のせどりに慣れてきました。

まぁ次の日には全然取れないなんてこともあるのでこれで喜んでいてはいけないですよね。

レトロ本について

今日レトロ本に出会って喜んでいたんですけど、ふと我に返り思ったのは、「これいつぶりや?」です。
5年前もレアではありましたがたまには出会っていました。
でも、今は本当にどこに行ってもないんですよね。

この現象僕だけじゃなくて他の人も同じ様なことを言っています。

で、昔僕はブックオフが焼け焼けのキャンディキャンディを売りに出さずに廃棄処分しようとしている場面に出会いました。
僕は処分するなら売ってくれと頼んだのですが決まりだからダメですと言われました。
ブックオフは状態の悪い本はどんどん処分していくんですよね。
で、レトロコミックって大体が焼けが酷かったり汚れやシミがあったりして100円棚のものよりも状態が悪いものが多い。
だからブックオフは結構なレトロ本を処分していっているのではないかなと推測しています。
それでどんどん数が少なくなっていっている。
どんだけ汚れていても価値のある本ってあるんですけどね。現代の焚書坑儒みたいです。

また、フリマアプリの浸透もその原因の一つでしょうか。
古本屋に売りに出さずにメルカリでそのまま販売してしまう。

理由はどうであれ昔ブックオフでたまに見かけていた本に出会わなくなってきたのは寂しいことです。
またそれがどんどん進んでいくと仕入れの量にも影響してきますから、このような傾向はしっかりと観察しておかなければならないなと思っています。
そんな感じです。

ブログ書き終わりましたが、やはりいつもよりも疲れていますね。早く良くなって欲しいものです。

それでは!