せどり仲間と加古川へ行ってきました。

どうも、こんにちは。いとらーです。

今日は、せどり仲間2人と加古川で仕入れ会やってきました。

一人はもう何度も一緒に仕入れに行っているOさん。

もう一人は初めてジョインするHさん。

この3人で姫路、加古川周辺を回ってきました。

二人ともあまりビームの扱いには慣れていないようだったので、ビームを実演してみました。
僕はどういった場合にビームを使用するのかを見せます。

どういった場合にはビームを使用するかというのは語弊がありました。
どういった場合に「単品」の値段を確認する必要があるのか、また確認した方が良いのかということです。
その確認の手段が赤外線のバーコードリーダーなだけで別にカメラスキャンでも手打ちでも良いのです。
そこをビームでと固執するとビーム禁止店で思考が停止してしまいますからね。この辺りはビーム禁止店が多いのです。

という訳でセットを見ながら単品物のリサーチを見分けていくやり方を実演して何となく体感してもらいました。
これは評判が良かったです。
この数ヶ月大阪で仕入れをするときにやっていることなので加古川や姫路でも結構大阪ばりに枯れていますから「使える」と思ったんだと思います。
実際に色々単品も仕入れることができました。

加古川といえば激枯れ地域と認識していたので僕自身訪れるのはかなり久しぶり。半年とか1年とかそういう感覚の間隔です。
しかし、今日行ってみて少し手応えが変わりました。結構仕入れができるのです。
これは棚が良くなっているのか自分の実力が上がっているのかわかりませんが加古川姫路で後味よく家路に着けたのは嬉しかったです。

今日はそういう訳でこの地域でのせどりの仕方を教えたのですが、自分も一緒に仕入れることで大きな学びがありました。
それは、コミックの知識が弱くなっているということ。単行本や雑誌の方に時間を割いて、コミックは決まったものしか見ていなかったので他の作品の値段などがすぐに言えないという状況が多々ありました。
これは一緒に行くことで話をして自分の知識のバイアスの確認ができたので良かったです。合同仕入れする意味合いは本当ここにあります。
ずっとやっていると知らず知らずのうちの凝り固まっているんですよね。そういったものが是正されていきます。
結局、自分で作った同行君を見ながら少女コミックなどをチェック。やっぱり色々値段が上がっているものが分かって、同行君さまさまでした。情けない。。
普通に今まで見逃してきたのものがたくさんありそうです。偏りはいけませんね。

さて、今回は数日前の滋賀とは代わりお宝にも色々出会えました。


これはお見せできないのが申し訳ない。
1300円→6000円の単行本です。
ありがたい!
この他も諸々。
いやぁ、加古川姫路大好きになりました。元々姫路城があって歴史風土にも恵まれているので大好きだったんですけどね。

それからせどり飯は今回は和食さと。

夏はざるそば美味しいですよね。

そんなこんなで夜9時まで仕入れしまくりました。
Hさんは朝はビームに慣れていなくてぎこちなかったですけど、最後はもう手慣れていました。いわく、一人だとビームを出すのすら恥ずかしかったけど、今回一緒にできてビーム出す恥ずかしさが緩和されたと。

また、Oさんには来秋予定されているトレンドの超絶カカリ巻をいただいてしまって本当恐縮でしかありません。これを2冊も持っているとか。すごいです。全く見つからないですからね。今度何かでお返ししなければ!

本当今日はみんな楽しめたようで開催して良かったです!

またこういうのは定期的にやりたいですね!

それでは!