関西のせどり仕入れで大事なこと

とにかく暑い

どうも、こんちゃーっす。いとらーです。

なんか暑すぎて頭がバグりますね。

本日は朝からFBA納品をやっていたんですけど、朝の9時にはもう暑くてやばかったです。

10時にはヤマトへ持って行って、センターの人たちも明らかに暑そうだったのでジュースを差し入れ。
こういうのは気持ちですよね。いつも本当にお世話になっているので。
これやるだけで混んでる時に優先してやってもらえて良いですよ。

それから家に帰ってきて、体が熱を持ちすぎていたので水風呂入ってしっかり冷やしてからゆっくりしていました。

本当水分補給とかしっかりやっていきましょうね!

関西での仕入れで大事なこと

さて、最近の仕入れは近場ばかりを回っています。

僕が住んでるのは大阪。関西です。
全国を回っていた経験から言えるのは、「関西は回転は早いけど、それ以上に同業者が多くて、仕入れは早い者勝ち競争になる」ということです。
関東に比べると店舗数も少ないんですよね。なので取り合い必至です。

そういった地域でどうやって仕入れをしていくのか。以前全国を回っていたのと同じ水準でやるにはどうしたら良いのか。

それに対する答えがそろそろ出てきたような気がしています。

まずはこちらをご覧ください。

以前このブログで紹介したアミですね。
でもちょっと違うバージョンのやつです。しかも、置いてある場所も違います。

正直アミを取ろうと意識して見ていた訳ではありません。その棚に置いてあるなんて毛頭思わないですから。
でも、とりあえずビームする時間がなくてもざっと棚を見てセンサーに引っかかるものは無いかなくらいの確認をするようになりました。
これが良い塩梅に結果に繋がっています。

つまり最近自分が少しパワーアップしてきたなと思うのは、単行本などもまたやり出して単行本や雑誌の棚もセット本と同じように見るようになったということです。

それで見ていると「あれ?これは」っていう違和感を感じることがあって、それでアマコード(無料)で見ると値段が付いているみたいな感じになるんです。

これまではセット本のみに固執していて他のジャンルを全然見ていませんでした。こうやって何かに固執することってよくないですね。

これも気持ちの問題なんだと思うんです。セット本メインなら単行本見ない、単行本メインならセット本見ないみたいに偏るのは勿体無いと思います。
少し気持ちに余裕をもって、とりあえず見てみるだけ他も見てみるってのが大事なのかもしれません。

結局稼ぐ上で大事なのは「仕入れた値段よりも高く売れるものを探すこと」なのですからジャンルを決めつける必要はありません。
もちろん初めは何かのジャンルに集中することも必要でしょうけど、「木を見て森を見ず」みたいになってしまうのは本末転倒です。

これまでは様々な地域に遠征に行くことによってセット本だけでも成り立っていたのですが、関西メインにすることで否が応でも全ジャンル見るようになりましたが、これが逆に良かったなと思うようになりました。

以上が関西でせどりをしていく上で大事なことだと思います。オールジャンルで見ていく。いつも言っていることではあるんですけど、実感が増してきています。

そして、逆にセット本も更なる新規の開拓が進んで行ってます。これもまた一つの壁を突破できそうな手応えを感じています。
単行本は正直検索してしまえば終わりなんですけど、セットはそうも行かない部分があります。そもそもセットがあることに気づいていないケースも多い。
セット本はやっぱり稼げますね。きっちりやっていて良かったなと心底思います。あと、これは個人的な見解になりますが、全巻君は本当作っておいて良かったなと思います。スプレッドシートもいいですけど、視認性など色々考えるとやっぱり使いにくいですからね。セットは管理をとにかく早くこなしてしまうことが大事です。
巻数だけでなくサブタイトルの管理も非常に重要になります。関西でセット本をやるのなら結構深掘りする必要がありますからね。こんな管理なんかでもたついていてはダメなのです。

そんな感じです。

それでは!