和歌山へのんびりせどり旅

どうも、こんにちは。

いとらーです。

先日、和歌山の方へ行ってきました。

今回は近所に住んでいるせどり仲間かつブロガー仲間のTad氏と共にぶらりと和歌山まで行って参りました。

どこか行きたい地域はありますか?そう聞くと、Tad氏、「和歌山なんてどうですか?」
ってことで決定。僕も和歌山大好きな地域です。

前回や前々回の記事のように仕入れは良かったのですが、ちょっとペースを落としたいというのもあり、またブログネタを撮りにいきたいというのもあり今回は観光半分、せどり半分で行ってきました。

目次

和歌山の加太へGO

向かった先は加太(かだ)。

ここは大阪からも近く和歌山市にも近いのでちょうど良い位置にあります。

それでいて、海も山もあり自然に囲まれた地域で、都会の喧騒を忘れさせてくれます(喧騒を感じるような所には全然行っていませんが)。

それで阪神高速を走っていたのですが、急に土砂降りの大雨が降ってきて視界不良になったため急遽泉佐野で下車。

まず泉佐野羽倉崎店と泉南店に立ち寄りました。

まぁ大したものも拾えず、いつもの大阪仕入れです。

そうこうしているうちに雨も止んできたので、加太へ向かうことに。

ここから加太までそう遠くありません。

雨が降っていたので爽快とは行きませんが磯の香りがして波の音を全身で聴くことができ癒されますね〜。

それから腹も減ってきたので飯へ。

ここに来たら必ず訪れるのが、このお店。

満幸商店さん。

ここのお店の看板メニューはしらす丼。

ドンッ!

こぼれるほどしらすが乗っています。

実際に食べると確実にこぼれます。

これが美味いのなんのって。

それから追加で貝。

サザエとおく貝。どちらも香ばしいです。

今回は頼まなかったのですがワサビ汁もあります。

食べログ貼っときます。加太に行った時はぜひ行ってみてください。土日はめちゃめちゃ混んでて外でかなり並びます。

それからすぐそばにある神社もお参りしてきました。
ここは人形供養をしていて無数の日本人形が置かれています。夜に来たら怖いだろうなぁ。

仕入れへ

さぁ英気も養えたということで、ここから仕入れへ。

近くの次郎丸と国体店へ。

国体店では、レアな単行本に出会えてめちゃ嬉しかったです。
もう棚を見るなり目に飛び込んできました。
それから他も見渡すとちょっとあまり見ない単行本も多かったので、少し目利き仕入れを実践。
タイトルのマニアック度でその本の値段を予想します。
ブックオフの値段が高いのもあって仕入れ対象にならないものもありますが、大体Amazonで値段がついているものを引くことができています。
それを見てもらってからTad氏と共に目利きゲーム大会。これいけるやろって行って値段調べて行けた行けないのゲームをしました。
Tad氏は目利き初めてだったかもしれませんがすぐにコツを掴んでいました。やはり、大学受験だとか職業の専門性などから本のタイトルを見たらある程度その本のニッチさというのもは分かるものです。これまでのバックボーンが生きるのが目利き。面白いですよね。
Tad氏もめちゃ面白いと仰っていて、目利き教えて良かったと思いました。実際にそこから仕入れもされていました。

それから日も暮れてきて、最後の岩出中央に行きました。ここはコミックが結構枯れている印象だったのですが、ドラえもんズなどが落ちていて結構今回は良かったような気がしました。単行本はちょっとしか見ませんでしたがあまりレーダーに反応する本はありませんでした。

まぁいつも通りの和歌山仕入れという感じでしょうか。

それから阪和道に乗って家路につきました。

今回は前半の加太の観光と後半の目利きゲーム大会が非常に楽しく有意義でした。自分もこの1ヶ月ビームをしてきてまた目利きの感覚が少し深まったのかもしれません。

せどりはやればやるほどに力が付きますね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

8年ほど本せどりやっています。セット本が得意です。
PHPやPythonで自作ツール作ってせどりするのにハマっています。

コメント

コメントする

目次
閉じる