どうも、お疲れ様です!

コロナ禍になってからというもの、ずっと仕入れや梱包、発送などワンオペでやっていました。

ちょっと前に牛丼屋などがワンオペで仕事が回らなくて大変だみたいなニュースがありましたが、もう本当それって感じでした。

特にセット本は本を集めてきて揃えて出さないといけないのでその作業量が多くて大変です。

なので、結構一人でやるのは重労働です。

ワンオペの最中は仕入れしてきたらそれを並べてクリーニングして確認して巻いての繰り返しで本当1日中せどりやって終わりみたいな感じでした。

それで納品も遅れ気味になったり結構大変でした。前は一人でやっていたのですが、当時のような熱量がなかなか出ないのも原因です。飽きてくるんですよね。

それで、GoToキャンペーンなども始まり、そろそろ良いんじゃないかってことで実家の家族に手伝ってもらうのを再開しました。

父親もコロナ禍で結構運動不足になっていたみたいで、喜んで引き受けてくれて本当に良かったです。

もう本当これがめちゃくちゃ助かるんです。
ほんのちょっと手伝ってもらえるだけでもかなり楽になりました。

それはおそらく作業しないといけないというストレスからの開放なんじゃないかなと思います。

セット本のボトルネックというのはこの作業量の多さに尽きると思います。
しかし、このボトルネックは意外と簡単に取り除くことが出来ます。
独りでやると大変なジャンルですが、その大変さはすぐに取り除けるのです。

それをきちんとやらないと中々セット本を続けるのは難しいですね。
続いている人は家族や夫婦でやるとか就労支援などの外注に投げる人がほとんど。

そうすると後は集めるだけで良いので楽になってきます。
空いた時間で単品やったり情報発信やったり。

僕も家族に手伝ってもらってセット本を続けることが出来ていました。
しかし、このコロナ禍になってそれが出来なくなってしまったのです。

しかし、このワンオペはしんどかったことだけではありません。
これまでの作業を見直して、まだまだ無駄な部分があることに気づいて改善出来たりしましたので非常に良い経験になりました。

その作業の効率化の部分はまた後程紹介するかもしれませんが、とりあえずはこのワンオペが終わった喜びを言いたいというお話でした。

これでまた前のように楽しんでセット本やっていけそうです!がんばるぞ!

それでは!