出雲へせどり旅

どうも、こんにちは!

いとらーです。

相変わらずせどりばかりやっています。

前も言ったかもしれないですけど、コロナ禍になってから情報発信で稼ぐのはお休みしています。

なんでって?

こういう状況下で情報発信で稼ぐのはめちゃ簡単だからです。

不安を感じやすい状況というのは、とてもやりやすいのです。

それが分かるから、あえてやらないでおこうと思いました。

また来年落ち着いたらやるかもしれないし、やらないかもしれません。

それはその時の気分で決めたいと思います!

さて、先日またまたせどり旅に行ってきました。

ちょっと季節の変わり目になって肌寒くなる時期は体調が悪くなりがちなんです。昔から。

体調が悪くなると気持ちも滅入ってきてどうにも気合が入らない。

と言う訳で、遠い遠征はやめて近場で済まそうと決めました。

それで、山陰地方にいくことにしました。

山陰は大阪からめっちゃ近いんですよ。

本来は島根の出雲まで行って関西に近づくようにしてルートを取るのですが、今回は島根まで行く気力が湧かず一番近い鳥取市をスタート地点にしました。

いつものルート

今回のルート

昼過ぎに家を出て夕方頃鳥取に着きます。

途中、中国道の三木SAにて。「人類みな麺類」とのコラボラーメンです。うまいです。二度目。

鳥取市についてぐるっと店を回ってまだ少し時間があるものだから米子まで9号線走って向かいました。

米子の皆生についてブックオフをぐるりとチェック。良い物がまた刺さっていました。


米子のツタヤで新品本の仕入れのついでに併設のスタバで抹茶のやつ頼みました。美味~


それから宿を皆生に取ろうと思ってBooking.comをチェックしてみるといつもの駅前ではなくて皆生温泉の宿が安く出ていました。

そこで、疲れもたまって体調も悪いので湯治をしようと予約を取りました。


何だか昔からある造りの建物で、せどり旅の宿らしくない笑

夜も10時を回っていてご飯はもう終わっているということで近場のコンビニでご飯とハイボールだけ買って持ち込みました。メニュー見たらめちゃ美味しそうで次は是非旅館のを食したいです。

それで、とにかく温泉に浸かりたいということでご飯も食べずとりあえず大浴場へ。

立派な大浴場に露天風呂までついていて最高でした。湯が優しい。

それでポカポカになって風呂を出て脱衣所においてあった冷蔵庫の水を飲んだらこれまためちゃ美味しかったです。

どうも米子周辺は名水の産地らしく、火照った体にキンキンに冷えた名水最高でした。

それで部屋に戻ってダラダラとコンビニで買ったお寿司を食べてちみちみハイボールを飲んで寝ました。

部屋が大きすぎて、落ち着かなかったです。


いつもはベッドが部屋にどんとあって人が歩けるくらいの通路しかないようなビジネスホテルに泊まっているので慣れなかったです。

UNOやトランプも置いてあって、「ああ、普通は家族で来るようなところなんだなぁ」としみじみして息子の写メを眺めました。コロナ禍になってからまだ会えていないのでこういうの見ると思い出しちゃって辛いですねぇ。

さぁ、それで爆睡しまして次の日です。
よく晴れていました。

しかし体調はやっぱり何だか体が優れないので、だらだらスタートです。とりあえず皆生以外の米子のブックオフを回って、松江を飛ばして出雲の方へ向かいました。

あまりスピリチュアルなものは信頼していませんが、気分を変えたかったので出雲渡橋店に行った後出雲大社の方へ向かいました。

小さいころに親と一度来ているのですがそれからは一度も言っていなかったので、こんな山の麓にあるんだぁと思いました。

それから大きなしめ縄を見にいって、「ああ、こんなに太く強くありたいものだ」と気合を入れました。


時間は夕方5時頃でしょうか。腹も減ったのでお蕎麦でも食べようかなと暖簾をくぐったのですが、タイムオーバーのようでした。

なんだか蕎麦の口になってしまったので検索すると次のブックオフ出雲店に行く途中に一件お蕎麦屋さんがあったので入りました。いただいたのは割子そば。出石のものとはちょっと違っていましたね。とても美味しかったです。

これで段々と元気も出てきて、出雲店に行き、そこから松江のお店にもいきました。

ここでご利益があったのかキャンディのちょうど抜けていた所をゲットできました。

最後はブックオフも終わっていたので万代書店に行ってきました。

で、このお店が当たりでしたね。しかもコミックのセールもやっていたのでラッキーでした。

あと、関係ないのですがこのお店ではトラクターを販売していて農業の盛んな地域ならしいなぁと思いました。関西では見ない光景でした。

ここからまた米子に戻って米子道を通って関西に戻りました。

途中蒜山高原のSAで休憩を取りました。辺りは真っ暗で非常に寒かったです。

しかし、ここで食べたホルモン焼うどんがめちゃ旨でした。また食べたいです。

そんな訳で精彩を欠く遠征となりましたがゆっくり休みながらできたので良しとしたいです。
また、これからは少し時間にゆとりを持って温泉宿を楽しむのも良いなぁと思いました。
気分転換も大事ですからね。

それと山陰の遠征はせどり旅としてはおすすめですよ。
店の数が少ないので1.5日あれば回れます。
観光を多めにしたいのであれば鳥取市は他と離れているので飛ばして米子と松江だけでもいいと思います。
後は温泉に行ったり大山に行ったりするというが副業でせどりと観光を楽しみながらミックスるしてやるのに良いんじゃないかなと思います。楽しんでせどりやりましょう。
それでは!