セット本の電脳の一例をあげます

どうも、いとらーです。

本日2020/04/06

政府は緊急事態宣言に踏み切る意向を示し7日に発令、8日に効力発生となる見込み。

いよいよとなりました。

僕は勝手に10日ほど前から緊急事態宣言を出して外出自粛。家でゴロゴロしています。

そのためブログの更新が早いです。

これは本当おかしいことです。

僕はせどりの仕入れを第1に考えていて、ブログは後回しになりがちですから。

それで最近電脳やっているって言ってセット本の電脳なんか簡単だってイキっているので、今日はちょっと具体例を示したいと思います。

先に断っておきますが、中古のオークションの仕入れは古物営業許可との関係でデリケートな問題をはらんでいます。詳しくは調べてみてご自身で判断してくださいね。
その点はとりあえず置いておいて、利益の出る商品は見つかるよっていうのを知ってもらいたいなと思ってこの記事を投稿していることをご了承ください。

今回ご紹介するのはこちら。

BOY 33巻セット 梅澤春人

Amazonのページへ

この作品大好きで毎週ジャンプで楽しみにしていました。

これなんですけど、まずはヤフオクの仕入れから。

2020/04/06終了

2300円+送料800円=3100円

そしてAmazon

大体6000円前後です。

3100円→6000円の商いとなります。

FBA利用時の利益は1300円 24%

となります。

30%を切りますが電脳としては良いのではないでしょうか。

このようにセット本も意外と検索してみると見つかります。

セット本や本せどりは店舗で仕入れるのがほとんどだと思いますけど、こうやって電脳で仕入れることも出来るわけですね。

ただ、一つ難点なのは便利なツールがないってことです。

というのもISBNのような統一的な管理番号がないので効率的な仕入れの仕組みを作りにくいんです。

でも、逆にそうだからこそ地道なリサーチが実を結ぶとも言えます。

そして、それが面白いです。

良かったら試してみてください。

それでは!