セット本せどりって朝から晩まで仕入れして、深夜早朝に梱包して出荷して、本当自由になるためにせどりやり始めたはずなのに何でこんなにしんどいんだ?!

って思っていませんか?

セット本せどりはうまくやらないと単にしんどいだけの苦痛なボランティアになってしまいますので要注意です。

これは何もセット本せどりに限ったことではなくて物販全般に言えることだと思うんですけど、とにかく利益の出ないものは仕入れないようにした方が良いです。

また自分のキャパを超えるような仕入れ量にもしない方が良いです。

これらは物販全般にあてはまることなのでこれくらいにして、ちょっとセット本せどり特有のお話をします。

セット本せどりの肝っていうのはいつも言っているように、カカリやキキメといったレア巻を集めることなんです。

これが一番大事です。

1冊でもレア巻があって仕入れが出来なければ出荷ができないからです。

ですので、いつもカカリからカカリからって言っています。

でも、このカカリってレアな訳ですからそんなにすぐ手に入らないんですよ。

だから手に入れば利益になる訳です。

どこにでもあるようなものは供給過多なので利益は出ません。

ただ、この需給関係が崩れるときがあるんです。

トレンドの時とかですよね。

そのときにテンションあがって1から集めていくとやっぱりどこかの巻でつまづくんですよね。

どこ探してもない。

そりゃそうです。

その巻は皆探している。

だから、それがあればいい訳です。

で、ここからがタイトルのお話なんですけど、要はこのレア巻が手元にあれば残りのどこにでもあるやつを仕入れてくれば良いんですよね。

だったら、そのレア巻が仕入れられるときに仕入れておいたらいいじゃないですか。

そのときって多分そのセットは値段が下がってしまって仕入れ対象じゃないと思うんですよ。

だから、みんな仕入れないで108円の棚に眠っている。

それを仕入れておくんです。

これだけです。

これができたらセット本せどりは超楽勝です。

値段が上がった時前の方のどこにでもある物を仕入れて来るだけ。

値段が下がった時にもうカカリを仕入れているんで、上がったころにはそのカカリは店にはないんで他の人は仕入れられないですしね。

一石二鳥。

これだけなんです。

そしたら、めちゃんこセット本せどりが楽ちん。

本当午前中の2時間仕入れに行くだけ。

せどりだけで良い人は後はもう昼寝するなりゲームするなり自由です。

こういう仕入れをしてほしいなって思います。

ただし、値上がりしないこともありますし、値上がりまで時間がかかることもあります。

資金も余分に要ります。

なので自分の状況に合わせてやってみたら良いかなと思います。

それでは!