どうも、こんばんは!

今日は激戦区の大阪は堺へと行ってきました。

この地域、昔大阪市の住之江区に住んでいたのでとても馴染みがあります。
家庭教師でこの辺全般を担当していたので細い道まで結構知っています。

なもんで、周りやすいんですけど、気持ち的にはそんなにハイにはなりません。

せどり的なものよりも色々な道を通るたびに教え子たちの顔が思い浮かびます。
子供たちは元気にしているだろうか。

それはさておき、
そう、この辺りは大阪の激戦区なんです。

なんとなーく、大きなセラーさんたちのシマみたいなのがあって、僕は完全にアウェー。

ちょっと勝手にシマ入ってすみませんて感じです。

この地域でせどりをやるにはかなりの商品知識がいります。

例えばスラムダンクなんかは13巻くらいまでが歯抜けにあるくらいです。

それを承知の上で、久しぶりに行ってきました。

多分半年か1年は空いているのかな。

一応軽くは見ておかないとと思いました。

深井のブックオフ、美原台の古市、百舌鳥のブックオフ、そっから喜連瓜破のブックオフまで行って終わり。途中の古市とブックオフはもう飛ばしました。

結果、深井が一番良かったです。これは昔からです。

大阪の堺市を回る時は、深井のブックオフに行けば良いです。正式名称はインター店とかそんな名前。

喜連瓜破も良いんですけど、今回はコミックは枯れていました。文庫のプロパーは充実してしました。抜け拾うには良いのかも。

2階の少女コミックも終わってた。良かったのは活字文庫。

こんな感じです。

全般的にセット本の知識が無いとこの辺で戦うのはきついかなぁと思います。

逆にここらへんで売り上げが100万とかあるなら関東行けば200万くらい行くと思います。

そんな地域でした。

まぁ堺市近辺に住んでいる人以外には全くおすすめしません。

本当は良いからおすすめしたくないんじゃなくて、ガチでおすすめしません。

そんな感じです。

まぁでも、自分は前より仕入れができていて、自信を持つことができました。

なんの話やねん笑

それでは。