どうも、こんにちは。

数日前、最近の腕前を試そうと兵庫県の砂漠地帯である姫路・加古川に遠征に行ってきました。

ここはいつも何も仕入れられなかったり、数冊だけだったりと苦戦する地域でした。

最近は全然行っていないな~と思って遠征を決意。

行ってみて、やはり有名コミックは全くと言っていいほど仕入れることが出来ませんでした。

しかし、やはり新作のツールと全巻君を最大限に活用すると、がっぽりと仕入れることが出来ました。

途中から加古川在住のコミュメンバーさんがいたので合流してまたがっぽがっぽと仕入れていきました。

途中全然ダメな店もありましたが、あれは寸胴屋でラーメン食べすぎて眠かったからやと勝手に解釈しています。

ずんどう屋は加古川でめちゃうまいラーメン屋です。近年大阪の方にも進出してきていますが本家はやはりため息が出るほどうまい。

そのメンバーさんは、地元で全然仕入れが出来たためしがなくて、コミックセットに失望していたようですが、こんだけ仕入れることが出来て希望を持てるようになったようです。

多分二人合わせて50セットくらいは行きました。10時から17時までの稼働です。

メンバーさんに日給5万(利益)いきましょかと言ったときには懐疑的だったのですが、ラストはまんざらでもないといった感じです。

やはり、目の付け所を変えて、良質の情報を摂取することによって、今まで砂漠にしか見えていなかった地域がamazonのごとく密林の生い茂る地域に変貌する。これはあると思いますよ。

結局は、「目」なんだと思います。

自分は全然仕入れられないと思っている場合でも少し目の付け所を変えるだけで変わった世界に見えると思います。目を細めてシャープにするんじゃないですよ。潰れてしまいます。むしろワイドに。

コンサル生には後日ノウハウ教材配布しますね~♪

それでは!