どうも、こんにちは。

今回は儲かっていないコミックセットせどりの特徴についてお話します。

儲かっていないコミックセットせどりの特徴

1資金がない

2クレジットカード使いすぎ

3時間がない

4リストを知らない

5検品・梱包が遅い

1資金が無い

まず、1の資金が無いです。

資金がないとコミックセットはきついです。

月に20万の利益とか出したいなら最低30万円は自由に使えるお金がいります。かつ現金が良いです。クレジットカード枠ではダメ。理由は後述。

理想は100万円くらい自由に使えるお金があること。

コミックセットは仕入れて、揃えて、売るまでに1~2か月はかかると思ってください。また銀行にお金が返ってくるまで3か月。

この間どんどんお金は減っていきます。頑張ってんのにお金がない状況が続きます。ここを踏ん張れるか。

資金のない人は必ずコミックセットせどりは挫折します。

2クレジットカード使い過ぎ

これも資金が無い人と一緒です。

1か月で売って入金までもっていくのはコミックセットで安定して稼ぐうえでは無理です。

クレジットカードの返済のために急いでプロパーで仕入れて、本来であれば1000~2000円ほどの利益の物が300円とかになってしまっているはずです。

クレジットカードの支払いに追われているようでは安定して稼ぐことはできません

まずはクレジットカードの使用量を減らすこと。

これは本当に大事です。

あてはまる人多いはずです。

1か月ではなく、3か月のスパンで見るのがコミックセットですから、今の使用量の3分の1に抑えると良いです。

100万使う人は30万円に。60万使う人は20万円にしてみてください。だいぶ変わるはずです。

で、そのためには現金を別のルートで調達する必要があります。それについては色々な方法があるので考えてみてください。

時間が無い。

コミックセットは仕入れ、梱包、出品と時間がかかります。副業で時間が無い人は本当にしんどいです。

もしかしたら、新品やったほうがいいかもです。

時間が無い場合は外注化するか家族に手伝っても売らうか、とにかく自分が仕入れをする以外のことを他の人にやってもらう必要があります。

出品がもたつくと、ただでさえ現金化に時間のかかるコミックセットですから余計に時間がかかります。

4リストを知らない

コミックセットは売れるリストをどんだけ知っているかです。

けっこう知っていると思っていて自信満々でも売り上げが上がらず困っている場合にはまだまだな時があります。

そんなときほど、リサーチリサーチです。

また、ここは資金のない人、時間のない人とも関係していますね。

資金がないから、とにかく抜け巻をプロパーで集めて、そんでまた資金がなくなって、新規のセットをリサーチして仕入れる余裕がない。

これ、当てはまる人いるでしょ?

ぼくもそうでしたから(笑)

時間のない人。この人はリサーチする時間がないんですから当然ですね。こういう人はリスト買ってください。リサーチの外注です。外注しまくらないと時間のない人はコミックセットは無理ゲーなんです。

5検品・梱包が遅い。

これ、漫画読んでませんか?マンガ読むひまないはずです。自分ありませんから。

実はコミックセットって漫画を読まない人の方が上手く行くことが多いです。変に漫画好きで、自分の思い込みで漫画の価値を決めていると痛い思いをします。

また、普通に手が遅いのはダメです。とにかく仕入れたら早く出品する。これが大事。

一回ライン工でもやると良いですよ。いかに手を早くするかがどれだけ大事か。わかるはすです。

私三菱電気のライン工やってましたから。

以上です。