セット物を扱う場合仕入れ相場を調べることも大事です。

オークファンで高値で売られている商品を見つけても仕入れも高かったら意味がないからです。

基本的にはアマゾンで高値の商品はブックオフ、古本市場も高値を付けてくるので旨味が少ないです。

アマゾンでは高値だけどブックオフでは安い商品を見つけてこないといけません。

セット物も同様。

初めのほうの巻は安いのに後半は高くて結局利益が出ないなんてものは結構あります。

また何度か書いているように、そもそもレアすぎて手に入らない巻もあります。

そのような巻が含まれているセット物は結局コンプしないので売り物になりません。

なのでセット物を扱う場合には全ての巻をそろえた時に仕入れ値がいくらになるのかも把握しておく必要があります。

そんなの当たり前だろ!と思われるかもしれませんがセットの巻数が多くなるとついついどんぶり勘定で仕入れてしまいがちです。

僕の家にもそうして「お蔵入り」してしまったセットものが数個ひっそりと眠っています。

果たしてそのセット物の日の目を見るときは再び来るのか・・・

それは僕の手にかかっているのですが、結構そういうセット物は忘却の彼方に飛んでいたりして、自己管理の甘さを痛感することしばしばであります。

ブログランキング再び参加中です!

せどり ブログランキングへ