確定申告作った

どうも、いとらーです。

昨日から確定申告をまとめていました。

結果、

「こんなに払うのか。。。」

という気持ちでいっぱいです。

しかも、コロナでこんな状況になっているのにマスク2枚しか出せない日本国に「なんでこんなに払わないといけないのか」という気持ちがプラスされちゃってますw

諸外国では一律にお金を給付しているというのと比べてしまうから余計に日本の対策のしょぼさが際立ってしまっていますね。

30万円もほとんどの人が貰えない仕組みだそうで、一体全体政府は何を考えているんでしょうかね。

もしも、もう配る金が無いのならそう言ってもらった方がまだ信用できますわ。

まぁ言っても仕方ないのできちんと納税したいと思います。

まぁ本当にしんどいのは所得税じゃなくて保険と市民税の方なんですけどね。

これはせどり初期に知っていたかったことの一つです。
僕はニート上がりで社会経験がないものですから、初めはあまりよく分かっていなかったんです。
税金のことを考えると資金を全部仕入れにぶっこんだりみたいな真似は到底できないっす。
当時は火の玉のように仕入れに向かいせどりやっていましたから。
税金の支払いには四苦八苦しました。
税務署に行って頭を下げて、役所に行って頭を下げてお願いしてましたね。
パリッと良いスーツを着た自分より若いお兄さんに頭を下げてペコペコするのはまぁまぁ堪えます。
まぁでも性格がこんなのですから、そうなったら頑張るしかないってまたメラメラ炎が燃えてくるわけです。

そうそう、確定申告ですけど、節税できるならした方が良いです。
おすすめはふるさと納税です。
これは、寄付金控除ができるんですけども返礼品が送られてくるんです。
返礼品にはいろいろなものがあります。
お米やお肉やお魚だったり地方の名産品だったりします。

そうすると、その分お米を買ったりお肉を買ったりする必要がなくなりますので、食費が浮くわけです。

お肉や魚介類が送られてくるとプレゼントを貰ったみたいで嬉しいですしね。

僕は昨年は近江牛やカニ、たらこ、お米、クラフトビール詰め合わせなど十数万円分やりました。

今日はもっとやっとけばよかったぁと後悔です。
いつもふるさと納税するの忘れていて、12/31に慌ててやるんでタイムアップしてしまうんですよね。
今年はもう少し考えて色々探すのも楽しみたいと思います。

あと、一応ふるさと納税の寄付先はせどりの遠征で行った所などゆかりのある場所が多いです。
滋賀の栗東や秋田、茨城などなど。
年の瀬の12月31日に返礼品見ながら「ああ、あそこは皆で集まったところだぁ。楽しかったなぁ」なんて思いながら寄付するんですよね。
結構乙なもんです。

ですので確定申告で節税するならふるさと納税考えてみてください。
本当確定申告の前になるともっと節税しとけばよかったーってなるので。

それでは!