どうも、こんにちは!

今回のネタはこれ。

[amazonjs asin=”B0010LXNV6″ locale=”JP” title=”DEATH NOTE (デスノート) 全12巻完結セット マーケットプレイス コミックセット”]

ドラマ化や映画化に合わせて販売するタイアップ戦略が有効であることはもう周知となっていますがリスクも大きいため二の足を踏んでしまうことも多々あります。

以前、デスノートがいけるという記事を書いたのですが、その後すぐに出品者が増えたので仕入れるのを辞めてしまいました。

モノレート
des

結局それ以前に仕入れた3セット分くらいを売って終わりにしようかなと思っていたのですが、デスノートは、テレビドラマが7月に始まると、その不評にも関わらずセットコミックはバンバン売れ、値段も良い感じに上がっていったのでした。

僕としてはしまったなぁという悔しい思いが強かったのですが、デスノートも終盤になり今度は映画化を発表しました。

おお!と思って、仕入れ状況を確認すると結構100円で拾えてしまいます。今のところ2セット確保。

しかし、また出品者も増え出してどうなることやら。次の2016年の映画公開までダブつくような気がしてきましたが、今回の事例のように塩漬けにするのもありかもしれません。仕入れ値だって1000円くらいだしね。

このようにトレンドは読みが難しいのですが反面あたるとデカイので辞められないでいます。

さて、みなさんならどのように動きますか??

■いつも応援ポチしていただいてありがとうございます!

せどり ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村