最近のせどりの流行りは、古着とか買取りとかですよね。

そういう人たちのブログはすごく賑わっています。

僕はっていうと、未だに本せどり。

未だにブックオフから買ってきてAmazonに売るというせどり黎明期とおんなじ手法です。

時代から取り残された生きた化石のような存在です。

どんどん新しいジャンルが出てきて、みんなどんどんゲーム、家電、ヘルビへと移っていきました。

僕は立ち止まったままでした。

僕はジャンルを変えるんじゃなくて、せどりの作業をツールを使って効率化、自動化する方へと変化することにしました。

だって、本せどりってまだまだ深みがあるんですよ。

その一つがセット本せどりだったんです。

家電とかに比べて品物の数が多いから一人の人間が扱える情報の量って限られています。

だから、コンピュータを使ってそこを補えば楽になるんじゃないかなって思ったのがきっかけ。

別にジャンルは何でも良かったんですけど、壊れないもの、容積を取らない物、面倒な申請がないものって選んでいったらやっぱり本だっただけです。

昔に比べて本せどらーが減っていったこともとても良かったと思います。

僕の実践するセット本せどりってのはあんまりライバルがいないんです。

その代わりにあんまり皆が知らないタイトルのを扱います。

有名なコミックはそれほど扱いません。

だから、普通にいつも通りのブックオフの仕入れで利益が取れます。

セールも特に要らない。

とにかく、いつもの状態でいつも通りに利益を安定して出せるジャンルが僕の扱う本って言うジャンル。

生きた化石ですけど、最高なんですよね。

そんな感じです。

なぜだかブログランキングが4位に入ってしまって、ちょっとびびってます。

そのブログランキングを眺めていて自分の異質さに驚いたのでした。

今でも本せどりをやっている人のエールになればなと思います。

いや、「おい!いとらー、あんま広めんな!目立つな!」って思ってるかな。

僕なら後者かも。

それでは。