どうも、こんにちは。

少し落ち着いてきてまたいつものペースに戻したいなと思っています。

ツールを作ろうかまた考えているんですけど、あんまり売る気がないです。

ターミナルもそうだし、自分が頼りにしているツールは売りたくないんですよね~。

買う方もそうだと思うんですけど、売る方も全然知らない一見さんにあんまり売りたくないという気持ちがあります。

だって、それで稼いでいるから。愛着もあるし。

その点、コンサルメンバーさんて結構みんな顔を知っているんです。同行もあるし、飲み会もあるからどんな人間かって大体分かる。

だから、そんな仲間にはツールどんどん使って稼いでほしいなって思うわけです。

稼いでる人に限って「秘蔵っ子」の飛び道具持ってたりしますからね。

金があるなら自分の作業を自動でやってくれるツールを誰かに開発してもらえばいいし、金がないなら頭と時間を投資してプログラミング学べばいいじゃん♪

ぼくのオススメは断然後者。だって、プログラミングができるようになったらそれで食っていけるしね。一石二鳥。つねにリスクヘッジしたほうがいいよ。

だから僕はいつも二重三重にリスクヘッジします。

何かが倒れても別のやつで生きていく体制を作っています。

そうじゃないと不安でしょ?

情報発信も良いけど、情報発信で学べるのはセール力じゃないっすか。

セール力を付けるのは良いんですけど、何をセールするの?ってことになる。

いつも他人の商品をセールスする=アフィリエイトするのも疲れるし、それも結局他人依存だしね。

なら、まずは売る物=ツールを作ったらいいじゃないか、と思うわけです。

自分で売る物があるってのは強いですよ。

やっぱり自社商品の開発って心強いんです。

家電とかなら中々大手じゃないとできないけどプログラミングならパソコンさえあれば出来るしね。

僕はせどらーもプログラミング学んでほしいと思っています。

今ならスクールとかもあるからそこでイチから教わっても良いし。

自分の頭に自信があるなら1000円くらいの本買ってそれを読み込んで学べばいいし。

ただどんな本にも言えることだけど、お手本にもいろいろなバグがあるし、今と違っていたりするし。

でも、学ぶときに大事なのは、「エッセンス」や「原理原則」な訳で。

そこを学んでしまえば後はネットで最新の情報を得てアップデートしたらいいしね。

ただ、やっていると分かるんだけどネットの情報も実は結構時代遅れだったり間違ったりしていて気を付けないと怖いと思う。

できれば英文のサイトが良いかな。

でも、そんなのは「枝葉末節」なわけで大事なのは「木の幹」だと思う訳なんです。

それならその辺の本1冊で十分。

やって行って行き詰ってきたら今度はもっと分厚い本を読めばいいし。

プログラミングって難しそうに聞こえるけど実は全然そんなことなくてやればできます。

だって、同じ人間が作ってるんだから人間なら誰だってできるでしょ。不可能ではないはず。

壁は沢山あるけど。

でもやる価値はあるんじゃないかと思います。

本当の壁は実は、「自分には無理だ」と思っているあなたの「心の壁」なのかもしれないよ。

いつも自分を苦しめるのは自分だって偉い人が言っていた気がする。

みんな他人に苦しめられているって思いこんでいるけどね。

それでは!

PS関東の人と話すと言葉が移ります。