どうも、こんにちは!

雨が終わったと思ったら今度は猛暑ですね。

今年は天候もけっこう人間に鞭打ってきます。

ですけど、めげずに頑張っていきますよ。

さぁて、今週末のセット本せどりセミナーが近づいてきました。

このセミナーはコンサル生のみが参加できるセミナーのようです。

僕は発起人ではなくメンバーさんが色々とアテンドしてくれて僕がお話するというスタイル。

いろいろとりまとめしていただいてありがとうございます。

今セミナー参加者のLINEグループを作って、議題について出し合っている状況です。

なのでそれを見ながら何を話そうかな~なんていろいろ考えています。

全巻君の使い方やセット本せどりのやり方。

セット本せどりのやり方なんてものは実はそんなに難しくはなくて、

本当に難しいのは資金管理の仕方だったり在庫管理の仕方だったりします。

潤沢に資金がある人でも無駄に仕入れていてはお金の運用としては損ですから、この辺の資金の回転の仕方は非常に大事です。

クレジットカードの支払いができなくなって、クレジットカードを止められて、アマゾンはクレジットカードが無効だと入金してくれないので、クレジットカードのお金が払えず、破産。。。

こんな状況の人、僕は長年せどりやっていますから結構いることを知っています。

こういうリアルな話は情報発信者ってやらないですよね。

だって、

「えっ?せどりって破産するの?じゃあやーめとこ」

ってなったらせっかく集客やっているのに無駄になるじゃないですか。

それか、その情報発信者はまったくせどりなんかやっていないからこういうリアルな話知らないとか?

それもあるかもしれませんね。

でも、僕のこのブログはせどりのリアルをお伝えするので、こういう破産もあるよというのは言っておきたいです。

せどりって言っても普通の物販であることには変わりありません。

だから、物を仕入れてそれを売って利益を得るという構造は他の商売となんら変わらない訳です。

「せどり」って言ってしまうと少し小規模で安全なイメージがついているとようですが、そんなことはないですよ。

月商500万円などの大きな売り上げの人も同じ状況で苦しんでいる人は多いし、月商30万円でも苦しい人は多いです。

それはその人の規模によるだけでどんなレベルの人でも支払いの苦しみはあります。

なので、ギリギリで回している人は少しずつ現金仕入れ、もしくはデビットカードやEDYにチャージして使う方にシフトした方がいいと思います。

Amazon自体も先日支払いが遅れたように不安定な部分があります。

そこに信用リスクにかかわるクレジットカード会社をはさむと余計不安定になりますから、できるだけそのリスクを減らす方向に行った方がいいでしょう。

とはいえ、ギリギリで回しているわけですからなかなかそうは問屋が卸さないと思います。

その辺どうするか。そういったお話をセミナーで事例を交えてお話できたらいいですね。

それでは!