どうも、こんばんは!

この前の週末は久しぶりの息子との面会日でした。

飛行機が見たいと言うので伊丹の飛行場に行きました。

息子は一瞬飛行機を見るともう満足して次の場所に連れて行けと言います。

物凄い飽き性です。

段々とボキャブラリーも増えてきて会話らしいものもしっかりと出来るようになってきました。

久しぶりに会うとその成長ぶりが分かって良いもんです。

そんな息子の姿を見ていると僕ももっと頑張らなあかんなぁと気が引き締まります。

パワーをものすごくもらって帰ってきました。

気合が入ります。

せどりの方もFBAに送ったものが反映されて1日に7万売れたりと少しずつ前の状態に戻ってきています。

とにかくコミックセットは売れます。

コミックのブランド力というのは作家さん自体がめちゃくちゃ込めてくれているし、出版社や広告会社も多くのお金を使ってブランド作りをしてくれています。

だから、イチからブランド力を作らなくてもバンバン売れてくれるんだと思います。

僕はずっとコミックセットやセット本せどりをこうしてやっているので、色々な質問を受けます。

「家電せどりや中国輸入をやっているけどあまり儲からないからやってみたいんだけど、セット本せどりってどうなんですか?」

こういう質問多いです。

家電せどりも中国輸入も資金量やノウハウがないときついものがあるようです。

僕も家電も中国輸入もテストで少しかじりました。

まぁあまり資金も無かったのですぐに無理だと判断しました。

家電も中国輸入も稼いでいる人は稼いでいると思いますが、なかなか厳しいと感じている人も確かだと思います。

しかし、まったく稼げないかというとそうでもなく、仕入れ幅を減らせば利益率の良い物だけをやれて結構いい感じになる。

ただそれだけでは生活費など満足できない。

そんな状況の人は多いはずです。

そういう人にお勧めしたいのがこのセット本せどりです。

もう全然違う分野に感じるでしょうけども、セット本は年がら年中扱う商品が決まっているんです。

だから、それを回収していけば良いだけ。

デメリットはセット化するところなんですけど、慣れれば梱包は早くなり、デメリットを小さくしていくことができます。

実際に家電とか中国輸入をやっていた人で、セット本を始めてセット本の売れ行きに驚き、むしろセット本メインみたいになった人も何人か周りにいます。

それだけ安定していると言って良いと思います。

特に専業せどらーだと毎月の収支を安定させたいという思いは強いと思いますので、そういうときセット本やっていると救われるものがあります。

なので、どんなせどりをやっていてもこのセット本せどりはマスターしといたほうが良いんじゃないかなと思うわけです。

しかし、現実はなかなか面倒も手伝って始められない人が多いんですけども、僕はずっとセット本を楽にできないかを研究しているのできちんとやって慣れてくればどうってこともないって思ってもらえるんじゃないかなと今は自信をもって言えます。

そのための環境面も今整備しています。

プログラムやリスト整理をやっていて、何となく終わりが見えてきました。

リストも着々と完成してきていて、もうすでに数名の方に購入してもらっています。

クローズドの部分の売れ行きを見て、こちらのブログの方でも順次販売していきたいと思います。

今色々なサービスが複合的にできつつありますので、ちょっと売込みの記事が続くと思いますけどご容赦下さい。

それでは!