う~~~~~ん。

僕だけかもしれないですけど、

セット本せどり界隈

というか、

せどり界隈全体が

お通夜になっていないですかね?

僕の周りや他のブログやっている人の「空気」とかも含めて、今Amazonの「せどり」がしんどい状況ですよね。

分かりますよ。

だって、売り上げは同じように上がってるのに銀行に振り込まれるお金が如実に減っているから。

まぁ情報発信がメインの人は相も変わらずずっと同じテンションでやってるんでなんか分かりにくいですけど、あいつらも内心はしんどいと思いますよ。しんどくなればなるほど煽る人達だからね~。

僕も情報発信者の端くれなんで偉そうなことは言えないですけど、流石にこの二月ほどは真剣にせどりに取り組まないとなかなか良い物が出せないです。

この壁を乗り越えるノウハウが出来たときにそれを教えていくのが真の情報発信者かと思うわけですよね。

でも、恐らく沢山の人が今色々なジャンルの教材を買って試行錯誤していると思いますよ。

なんか、いろいろ僕んとこにもメールとか来るんです。

「〇〇という教材を買いました。頑張ります。」

・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

知らんがな!

僕はそもそも教材を買ったことがそんなにないんですよ。

ステイブルせどりとシークレットDVDくらいしかせどりの教材は買ったことがないし、これしか実践もしていないんです。

情報商材買っても良いし、コンサル受けても良いと思うんですけど、とにかくそれ実践しなきゃ意味ないやろう?

買って満足してたらもちろんダメだし、正直実践するだけでもダメな気がするんですよ。

そこからどれだけ磨くかが大事で、そのへんのナンチャラトップとかいうサイトで買ってきたような教材ではまずダメなんじゃないかなと思いますよ。

先の二つの教材もそこから買いましたけどもうここからは数年買っていないです。

当たり障りのない内容しか書いていないです。

うーん。

今から言うことが伝わるかどうかわからないですけど、恐らく伝わる人は教材は必要ないし、伝わらない人はどんだけ教材買ってもダメかなぁという何の糸口もないことを言っておきます。

「儲かる情報はそんな教材買っただけでは得られないけど、儲かる情報はそこら中に落ちている。それをただ拾うだけ。」

なんです。

「うんうん、そうだね」ってなった人はもう力のある人。

「何言ってんねん。おれは○○買ってんから大丈夫や。いとらー氏ね」って人は心配になります。

稼げるようになってきたら、アンテナの精度が増すんで、その辺の情報見てすぐにピンと来るんですってば。

たとえば、「150年」

これでどうです?

ピンと来たならもう多分100万円くらい売り上げているし、利益も30~40万円あるんちゃいますかね。

さらに、「幕末維新150年」これでどうです?

ピンときますかね。

とりあえず、大河ドラマくらいは思いついてほしい。

思いつかなかった、もしくは検索もしなかった人はやる気ないし、他人依存人間ですよ。自覚した方がいい。

じゃあ、彦根城。

このタームどうです?

すぐに調べたら、数個のトレンドプレ値商品が見つかります。

彦根城は、井伊家。

幕末の安政の大獄の大老は?

そして、この人の来歴は?

実はこの人は強権をふるっただけではないんです。

実は大老になるのはたまたまで、もともとは末っ子で政治とは無関係。茶の湯の達人だったんです。

だから、そのための本も書いています。

だから、茶の世界では井伊直弼の別の顔があるんです。

それに関連して色々上がっています。

例えば、

100円で落ちていることもあります。

こんな感じでトレンド力は付いてくる。

ただ単に「数万円で売れたこの商品を知りたい人は、ライン@登録してね」みたいなやつ登録してるような人はずっとチカラ付かないよ。

何生意気なこといってんだよ?って思ったあなた、数年前から稼ぎ増えていますかね。増えていないならやり方を変えた方がいいんでねぇの?

ここまで言って何も検索しない人はセンス無し。さっさとせどり、いや引いては自営業もやめて雇われになった方がいいよ。そんな甘い世界じゃないからね。

本当は、せどりなんてものはやめたほうがいい。そう教えるのが、真の情報発信者だと思うんです。

それでも、「せどり」、「セット本せどり」やりたいって稀有な人は僕が一生面倒見ますよ。

鍛え抜いていきます。

そんな感じで。