どうも、こんにちは。

最近ハイボールを覚えたのですが、早く酔うにはソーダ割りにしない方が良くない?ということに気づいて、ウィスキーのロックに落ち着きました。
これは酔うのが早い。だんだんその渋みにも慣れてきて、「あれ?むしろ甘くない?」と感じるようになってきました。

最近プライベートでの目標としてダイエットを頑張っています。自分高校生の時は53キロとかでほとんど脂肪がないバスケ少年だったのですが、今では78キロのデブ中年になっています。

こりゃアカンということで、ランニングや糖質制限を始めました。今は76キロ位。とりあえず、73キロ台にしたい。ランニング後の水が本当にうまいんです。幸せ。
悩みや遠征中のエクササイズなんですけど、近所にあるAnytimeなんちゃらというジムが全国展開しているそうなので、今度契約しようと思います。
色々なところを転々としている根無し草の自分にはとても良い施設かなと思います。

3歳の息子が「おとーさん、おなかですぎー」というので是が非でも痩せたい。

息子は、なぜか日本語はあまり話せず、英語やフランス語ドイツ語ロシア語を話します。自分英語とフランスは分かるのですが、ドイツ、ロシアは分かりません。まさか息子の話す言葉が分からないとは思わなんだ。結構語学には力をいれて勉強していて自信があったんです。国際弁護士になりたかったから(今でもなりたいので勉強しているw)。だから、対息子のため今からドイツ語でも勉強しようかの。息子にたかが語学で負けたとあっちゃあ父として大きな顔はできまい(笑)

息子は幼稚園でも、リンゴの絵を見て他のみんなが「りんごー」というところ、息子だけ「エァポー」と言うそうです。
そもそも「あいうえお」よりも「ABC」の本を与え、YOUTUBEでもアルファベットの動画を見せ、アルファベットの積み木ばかりを与えていたので自分としてはしめしめという感じです。

息子が英語を先に覚えていることに関して自分はそういうのはとても良いことだと考えていて、どうか「他のみんなと同じようにしようね~」などとくだらない教育を施さないでほしいと思っています。
そんな幼稚園ならいかなくてもいいかな。

そもそも、小学校、中学校とも戦前の軍隊教育の一環としても側面が強く残っていて、人間を上からの命令に忠実に動かすようにする、そんな教育に意味はあるのか?と思っています。
ある意味、こういう教育というのは国家戦略として正しいんですけど。会社にとってもとか上が作ったシステムを忠実に実行してくれる人間がほしいわけですし。
しかし、それでは革新的な企業風土は作れないのかなとも感じています。

また自分はというと中学、高校ともあまり優等生の方ではなかったです。小学校の時は分数の計算もできない底辺でした。小学生の時、東大寺学園にいった親友と蒸気船を作る実験をしていて、それを火遊びとみなされて先生たちに大目玉をくらったくらいです。そのとき、「蒸気船を作る。その原理に関して知るために火を使う。それが火遊びか?」と先生に言うと、先生は困った顔をしていましたが結局先生の顔を立てて謝りました。あほくさ。

まぁそんな分数のできない反抗的な小学生でも京都大学くらいは努力でいけます。だから行けない奴は努力不足なだけと思っています。これは結構やばい感覚らしいけど、でも、寝る時間以外勉強に充てたら分数無理系底辺小学生でも京都大学くらいはいける。ハーバードはわからんけど。
だから、別に既存の画一的な教育とか意味ないと思っています。くそくらえですよ。自分で「やったろう!」と思ったらやれるもんなんですよ。

そもそも、高学歴が欲しければ小学校、中学校の先生の言う通りしてちゃダメだと思うわけですよ。だって、その先生ってそんな高学歴じゃないから。
そんな先生の話なんか信じたってそんなに伸びないと思うわけです。

そういえば中学生の時仏教やキリスト教は身近でしたけどイスラム教ってあまり知らなかったのでムハンマドを中心に勉強していたわけですよ。コーランがいかに生活規範であるか、いかに戦争と密接かを知ったわけです。
そんなときもう中学生のいとらーはムハンマドについて社会科の先生に授業中質問したわけです。そしたら、なんか先生にキレられた。ショックですよ。先生って何でも知ってる万能の神みたいなもんと思ってましたから。
でも違いました。先生も単なる人間です。なんか悲しくなりましたね。
今から考えたら公立中学の先生がムハンマドやイスラム教の教義について深く知っている訳ないんです。教室の皆の前で先生に恥をかかせてしまった。それは今なら分かることです。申し訳ないと思う一方でなんだかな・・・という思いもあります。教えることで公務員として安くないお給料をもらっているのならば、どんな質問にも答えれるくらい勉強していてほしいものです。

むしろ、「良い質問だ。先生はそこまで知らないから勉強してくるよ。今度また聞きに来て」

とか言われればまだよかったけど。結局自分で調べて終わりでした。そんなもんですよ。しょうもない。

だから、息子には自分の行動や思考に自信をもってほしいし、自分のやりたいことを貫いてほしいですね。それだけですよ。

まぁそもそも学歴ってそんなに必要か?って思ってますけど、そこ話すと長くなるからいいや。
息子には学歴なんかどうでもいいから、気になる分野は徹底的に学習する習慣だけ付けてほしい。
それは別にイスラム教でも法学でもコミックセットでもいいわけです。

そう。せどりをやる人についても、同じです。

メンターとかどうでもいいから、自分のやるせどり道を信じて邁進してほしいですね。案外メンターとかしょぼいですよ。

さて、せどりの方なんですけど、めっちゃヤバイですね~。

先日から特大トレンドが大発生してるんですけど、またまた大トレンド大発生ですよ。

もう休む暇ありゃしない。毎年この時期って年末に向けて仕入れしまくるんで資金が苦しくなるんですけど、トレンドで売れてくれるから結構楽。

ありがたい話です。

そのトレンドを追いかけて岐阜・滋賀といってきました。

今の30代、40代の男性はドキドキしながら結構お世話になったんじゃないですかね~。

自分も小学生の時ドキドキしながら読みましたよ。

ツイッターで流れていたんですけど、「あの尻を三次元で再現できるタレントはいるのか?」

ああ、そのとおぉぉぉりですとも。

そんなのいるわけないやろぅ。

というわけで、尻を追いかけ、いや、もといとあるコミックセットをかき集めて岐阜辺りを駆けずり回っていたわけです。

でも、古いんであんまりないですね。電脳で20セットほど仕入れて終わりですよ。

でも、思ったほど値段が伸びないので失敗したのかなとか一抹の不安がよぎっています。

男性向けのコミックってこんな感じ。ダラダラ伸びてダラダラ終わっていく。

女性はギュンと伸びてすーっと引いていく。熱しやすく冷めやすい。

男性は逆です。

なんか、恋愛もそんな感じですよね。女性の気持ちは本当わからん。

というわけで、年末まであと少し。

コミックセットはこの数年では一番稼ぎやすい状況です。トレンドでの利益率は50%超えますよ。そんなの当たり前。超えなきゃトレンドではないという逆説です。

仕入れは良いですけど、梱包がね。頑張ろうと思います。

それでは。