どうも、こんにちは。

組織化・・・

そういうと何とも大きなことのように聞こえるのですが、最近クリーニング、出荷などを人に手伝ってもらっています。

実感としては、自分の労力が2分の1になるどころかそれ以上に楽になった気がします。

部屋もどんどん片付いていくので仕入れも増やせそうです。

コミックセット主体の人でたった一人でやってる人はいない。。。

そうよく言われてきました。

自分なりにスピードを上げてやっていたのですが、やはり限界があるようです。

気持ちの限界の方が大きいのかもしれませんが。

というわけで、ここ最近せどりに特化していると言っていますが、もっと色々なことが出来そうです。

もしも、家族がいる人なら家族の人にシールはがしや並べ替えなど誰にでもできることで良いので少しでも手伝ってもらうとだいぶ変わると思います。

後はマニュアルですね。言葉で教えても中々頭の中にしみこんでいかないものですね。

これは塾・家庭教師と一緒かな。

全巻君も使ってもらって、初めて使う人にはわかりにくいツールなんだと実感できました。かなりデザインも機能も変わっているんで、マニュアル作りたいとも思います。

最後に私がいつも大切にしている海軍大将・山本五十六の言葉を引用したいと思います。

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、
ほめてやらねば、人は動かじ。

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。

苦しいこともあるだろう。

云い度いこともあるだろう。

不満なこともあるだろう。

腹の立つこともあるだろう。

泣き度いこともあるだろう。

これらをじつとこらえてゆくのが男の修行である。

それでは。