プライスチェッカーというツールがアマゾンの規約違反で使用中止のようです。

恥ずかしながら、このツール全く知らなかったんです。

カプセルZも聞いたことがあるくらい。
プライスターはアマゾンのトップで見たことがあって知ってました。

このプライスチェッカーというツールは、モノレートのような価格推移を見れるツールみたいです。サイト行ってももう見れないので分からないですけど。

んで、自分もツール作ってるんでやっぱり気になるからブログとか調べたんですけど、どうも当の本人福田さんという方も具体的なことは分からないらしいです。

ん〜なんでツール出してて何が規約違反かわからないんだろう。おそらく作ったのは外注かなんかなのかな。

でも、外注だろうが何だろうが、ここのポイントはこうやって解決しましたみたいなのがあると思うんやけど。
ないとしたら、外注もだんまりで納品ってことかもしれないですね。内部のプログラマなら詰められてるでしょう。

そして、この会社は、他もプライスターというツール出してるけど、福田さんはその仕組みをわかっているのかどうか。
各出品者のデータを扱うわけですから、やはり責任というものもあるとは思いますわ。

モノレートを作る上で超えなきゃいけない壁って何個かあるんですよ。

それはグレーなものもあります。

あの辺かなぁみたいな漠然としたポイントは僕にも分かりますが、あまり言うとよろしくないので黙っておきます。

ほんで、プライスチェッカーがダメでモノレートが良いなら、どう乗り越えたのかなぁということが気になりますね。開発者さん凄いなぁって尊敬します。ホワイトなら。

ほんで、僕らせどらーは、最悪モノレートが使えなくなったら、どうしよう?って思うと思います。

でも、使えないんなら使わなくて良い方法でやれば良いですやん。

僕がせどりやり始めた時はモノレートあったかなかったかくらいの時。

別に無くても困りはしないです。

ずっとこのブログでも言ってるように、モノレートで分かるのは過去の事実。将来のことは教えてくれないです。僕らは仕入れた後に売るわけですから、未来の予想力がいります。

それをモノレート見て安心させてるだけだったんですよ。

あくまで、モノレートも補助ツール。本来は自分の経験と勘で仕入れは行うもんだと思いますよ。

ですので、モノレート無くなったら、やばいやんという方は僕のコンサル受けてください。

きちんとした知識が付けば怖くないですよ。

それでは。