今現在ブログランキングのランキングを上げることが楽しみになっています。
ランクが上がれば上がるほど良い情報を流していきますので、ワンポチよろしくお願いします!


せどり ブログランキングへ

本日はコミックセット以外のお話。

私は元々本せどりから入っています。

今ではもう旧石器時代のような扱いの本せどりですが、商品が多いので面白いです。

そして、この時期によく売れるのが赤本ですね。

例えばこれ。

[amazonjs asin=”4325188193″ locale=”JP” title=”立命館大学(文系-全学統一方式・学部個別配点方式)/立命館アジア太平洋大学(A方式) (2013年版 大学入試シリーズ)”]

600円(たしか)→1980円で8月に売りました。

この赤本、実は私は家庭教師をしていることもあって、買い手側になることもよくあります。

そして、どんな赤本が欲しいのか?なんですね。

今回のその購入者の気持ちをお話ししたいと思います。

まず、受験において過去問を解くのは必須です。

そして、偏差値の高い大学であればあるほど過去問演習というのが重要です。

これは先生からも口酸っぱく言われているところです。

そして、自分の行っていた京大なんかだと過去全ての過去問を解くのが当たり前と言われていました。

そこで、実際に入手できるものはすべて入手していました。

学校の図書館や代ゼミの貸し出しなど。そして、コピー。

なので、だいぶ前の過去問が欲しいわけです。

そして、赤本には2~3年分くらいの問題しか掲載されていないので、それよりも前の物が欲しくなります。

だから、ある程度の偏差値の大学なら数年前の過去問も需要があります。

そして、数年前の赤本なら結構安く仕入れることができたりします。

受験生というのは時間が本当にないのでブックオフに買いに行ったりはあまりできませんし、行ったとしても自分の欲しいものがピンポイントにあるとも限りません。

なので、Amazonの出番となります。

今どきの高校生はAmazon平気で使いますよ。コンビニ払いができますしね。

後は、先生方もけっこう赤本買います。傾向が知りたいからですね。このときは書き込みがあっても私は気にしません。むしろ安かった方がありがたいです。

なので、書き込みがあっても仕入れても需要はあると思います。

また、ブックオフでは書き込みを見つけたら、安くならないか聞くだけ聞くと良いです。

気前のいい店員さんなら、じゃあ108にしますよ♪みたいにしてるくれることがありますんで。

というわけで、教われる側も教える側も赤本が欲しいわけです。

なので夏からは赤本を見たらチェックするようにしています。