お知らせ

現在、コンサル生2名募集中です。
一緒にコミックセットを楽しみましょう。
詳しくは、こちらへ

お知らせ2

コミュニティ第2期メンバー募集しています。

詳しくはこちらへ

本当に大切な情報は値段が下がる情報の方かもしれない

せどりブログでは、利益の取れる商品の情報を発信している人の方がほとんどですよね。

そりゃ、売れない商品を紹介しても誰も興味を持ってくれないわけなんですけど。

でも、売れない商品じゃなくて、売れなくなっていく商品の紹介は実はきちんとした方が良いのではないのかと思っています。

コミックセットというのは不思議なもので値段の上下に周期性のあるものがあります。さながら三角関数のグラフのようです。

これは自分としては当たり前のことなのですが、やり始めの人は、「これがあがりますよ」と言われて意気揚々と仕入れたけど、コンプリートしたころには下がって意気消沈したなんてことは枚挙に暇がありません。

値段の下がる商品情報というのが本当は上がる情報よりも大事なのではないかなと思っています。

私のコミュニティでは、強烈なトレンドの場合、その値段の上がりっぷりの熱に浮かされて値段のグラフが天井を叩きそうなのに勢いで仕入れてしまうというのを留まってもらうために、「もう厳しいですよ」というのを早めにいうようにしています。

しかし、「もう厳しいですよ」と言っても上がり続けたり、下降がなだらかだったりして「まだ行けるやん」みたいな時もあります。これはこれで良いと思います。

たとえば、直近のトレンドで言えば、これとか。昭和新山のイメージ。

また、阿蘇山のように大きなカルデラを描いているこれ。

まだいける。いや、むしろ今ねらい目。どの店も70巻台まで100棚に落としてきているので。

このどちらもかなり早めにストップ宣言をしたんですけど、意に反してまだ行けています。でも、これはいいんです。

ヤバイのが少女コミックのトレンド。これはなぜか気分が変わりやすく、値段の上げ下げが激しいです。
少女コミック購買者全員の平均値をとると、次のトレンドが来たらすぐに今までのには興味がなくなって次のトレンドのコミックに気が移るという人間像を想像しておくと失敗しにくいかと思います。

だから、怖いのなら扱わない方が良いです。しかし、少女コミックはまた「焼け木杭には火が付いた」かのように再燃することがあります。というかよくあります。この「じゃじゃ馬」のような少女コミックの扱いに慣れたらとても利益を出しやすくなります。また、再燃するのを「待つ」必要もあります。

本当に少女コミックというのは女性の方とお付き合いするかのような心理状況です(笑)

ですので、それも含めて情報を発信しています。

恐らくは、ここまで詳しく解説したものはないのではないかと思うくらいです。この少女コミックについても教材にまとめていて、もう完成しそうです。

これがコミュ参加者には特典で配布されます(特典はほかにもあります)。もちろん、今まで入ってくれたメンバーにも配布されます。

次はもっとややこしいBLの分野にトライしていますが、こちらはガチのオッサン系のやつの場合少し気持ち悪くなります。しかし、がんばります。
これもコミュに入っていただいた方、メンバーさんには配布します。私は情報の発信を惜しみません。

それでは!

コミュの参加はこちらへ

こちら