情報発信について気になっている人はかなりいるんじゃないかなと思います。

そして、情報発信というと、メルマガを書いて、商材をアフィリエイトする。

そんなイメージが定着していると思います。

これはこれでダイレクトレスポンスマーケティングに則った正しい手法なんですけど、

問題は、どうメーリングリストを集めるのか、またどれくらい集まるのか、そして、何をアフィリエイトするのか?

ということに尽きます。

これが中々難しく、そんなに簡単に稼げるようなものではありません。少なくとも僕はそうでした。

リストは集まらないし、商材もそんなに良い商材がない(笑)

だから、やめました。

そして、僕は文書を書くのがもともと好きなので、ブログだけは続けていて、いや、続いていて、その結果気づいたら月に20万ほど稼げるようになっていたという感じです。

まぁたった20万ですけど、今までの収入にプラス20万円は大きいです。

一発で100万とかではなく、コツコツ積み上げてきました。

単にブログを書き続けてきただけですけど。

でも、それでよかったのかなと思います。

ダイレクトレスポンスマーケティングは未だにしっかりとやらないといけないと思っていますけど。

アフィリエイト主体の人は、情報商材アフィリエイトの場合、その手法を試していないと言葉に力が宿らないです。

むしろ、実践している人の方が言葉はうまくなくても売れるような気がします。

それは、言葉に魂が宿っているからだと思います。

言葉の圧が違います。

なので、もしかしたら、せどり主体にやっている人の方がアフィリエイトには向いているのかもしれません。

ただ、僕も職人気質のせどらーなので分かるのですが、せどりを本気でやっている人は、アフィリエイトにあまり興味がありません。せどりで稼げるからです。せどりが楽しいからです。また、自分の稼いでいる手法をさらすと自分の首がしまるからです。

そういう場合は情報発信なんかしなくても良いと思います。

しかし、情報発信には良い面もあります。

もちろん、稼ぎの柱を増やすというのも一つですが、その情報によって、稼ぎで苦しんでいる人を少し助けてあげられるかもしれないのです。

自分が報酬をいただき、相手の方はその情報で稼ぎを増やす。このようなwin-winの関係が築けているのなら、それは立派なビジネスなのです。

そのビジネスをやるかやらないか、それはその人それぞれの価値観なのではないかなと思います。

私はコミックセットという特化した分野しか知りません。しかし、コミックセットは稼げます(しんどいけど)。

だから、ほかの人もコミックセットをやってみてよというスタンスです。

そして、職人気質のせどらーこそ、ブログでコツコツと情報発信するスタイルが合っているのでないかなと考えています。

これから情報発信の記事が増えるかもしれませんが、興味のない場合はスルーしてください。

それでは。