福井、富山遠征の感想

※コミュの新しいメンバーが一人加入してくれましたので、募集はあと4人です。迷っている方はお早めに。次は月額制になりますので今のうちに入っておいた方がお得です。

昨日深夜に帰宅しました。

福井も富山も素晴らしいところでした。

IMG_0914

IMG_0921

IMG_0922

IMG_0915

IMG_0916

恋人の聖地に一人で来てしまいました(笑)

IMG_0944

IMG_0945

東尋坊。岩牡蠣が素晴らしく美味しかったです。

さて、肝心のせどり。福井、富山遠征の感想。

一言で言うと、

「都市部のお店は枯れている」

であります。

都市部に行くにしたがって、コミックの棚がボコボコとあいていました。

単行本コーナーにはビーマーがいることが多いです。

そういえば、大阪ではビーマーってあんまり見ないですね。店もうるさいですしね。

直接コミックコーナーでせどらーに遭遇することはなかったですが、明らか「いる」感じの抜けよう。

考察するだに、恐らくは、せどらーのコミックを抜く数とお店の買い取りバランスが悪いのではと思いますね。

都市部と言ってもお店が数点しかなく、しかも結構近い。回りやすいけど、商品が内容では意味がありません。

というわけで、福井も富山も都市部は基本テンション上がらず滞在時間も短めでした。

ただ、例えばベルセルクもハンタもチラホラある分大阪よりかはマシと言えるかもしれません。

さて、郊外店です。こちらは当たりはずれが大きく、当たるとデカかったです。

少し画像で様子を見てみましょう。

IMG_0927

IMG_0925

とまぁこんな感じです。これ100円コーナーですからね。まず大阪では見ない光景です。

IMG_0929

ごっそりいただきました。

IMG_0933

仰々しい台車(笑)

IMG_0947

IMG_0950

ありえな~い

IMG_0951

まぁこんな感じです。遠征の面白いところです。

私としてはせっかく遠出してきているのでもっと取りたかったのですが。

まぁ次に期待したいと思います。