こう書くとアクセスが上がりますが、私の感想としてはブログで商品紹介されている商品に頼っている状態というのは好ましくない。

力が付かないと思っています。

というわけで、少し実践的なお話も織り交ぜていきます。

たとえば、ドリフターズアニメ化決定

dori

そこで、原作がコミックかどうかを知るためにもamazonで検索。
(本当は、コミックであることを知っていますが仮に知らないと仮定して)

なるほど、ある。

しかし、値段が安くてあまり仕入れ対象じゃない。

半年ほど前は500円とかでした。

ここで、「ああ、ダメか・・・」

で終わっていたらチカラが付きません。

こういうときは関連作品で攻めます。

この作品の作者は、平野耕太さん。

そこで、横断検索をかけると出てきます。
(だから全巻君には作者横断検索機能つけました。)

ヘルシング

ああ、こちらの方は行けそうだ。

そう判断したら次は仕入れです。

ここでは二通りに行動が分かれます。

一つは店舗への確認。直接行ってもいいし、電話で在庫確認してもいいでしょう。

もう一つは電脳仕入れ。

私のコミュには近くに店舗があまりない人もいらっしゃって、その方たちは電脳します。

ヤフオク、メルカリetc

このようにしてリサーチを進めいきます。

ただ、実際はこのヘルシングはトレンド時だけでなく平時からいける定番セットです。
なので、私はこちらの存在を知っていて、むしろドリフターズはダメセットだという認識でした。だからトレンドの端緒が来た時にはドリフターズ上がってくれないかな、むしろヘルシングがもっと上がらないかなという風に見ていました。

トレンドでもそうですが、行けるセット行けないセット常日頃から知ることって大切。

ダメなセットを知ることもとりわけ大事です。
無駄なリサーチなど一つもないわけです。

それでは!

アディオース!